【これぞ未来!】夢の超音速列車ハイパーループ、試作機の段階に デザインコンテストで米MITが優勝

1:2016/02/26(金) 07:34:33.84 ID:

夢の超音速列車ハイパーループ、試作機の段階に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/022500066/

大学院生たちのチームがコンピューターの前に集まっている。ここは米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、マサチューセッツ工科大学(MIT)エドガートンセンター3階の一室だ。
超音速チューブ輸送システムは、いまここで実現しつつあるのかもしれない。 

チームはシミュレーションと計算を繰り返し、時速1000キロを超す速さで人を輸送できる浮上ポッド(車両)の設計を進めてきた。
そのコンセプトに基づく模型を手にしているのは、チーフエンジニアのクリス・メリアン氏だ。同氏らの設計案は、世界各国の学生が参加した初のコンペで1位を獲得した。

MITの学生たちが踏み出す次のステップは、実際にポッドを作ることだ。
予定では3月初めに製作を始め、今年の夏には、磁石を埋め込んだボブスレーのような試作機を「ハイパーループ・ポッド・コンペティション」のグランドフィナーレでテスト走行させる。
コンペの主催者であり、イーロン・マスク氏がCEOを務める企業スペースXは、参加チームに「殻を破ろう」と促している。(参考記事:「ロケットの垂直着陸に成功、ファルコン9で2例目」)

「ハイパーループ」に不安を感じる人には朗報がある。テスト走行には、人は乗らない。

マスク氏の着想は、当初は絵空事に思われた。ペイパル、テスラ、スペースXの共同創設者である同氏は、火星の植民地化も「できる」と信じる夢想家でもあるからだ。
しかし、彼がこの「輸送における第5のモード」を提案してから2年半の間に、ハイパーループ構想は確実に支持を得てきた。
マスク氏を動かすのは、およそ640キロ離れた「ロサンゼルスとサンフランシスコを30分で結ぶ」という目標だ。(参考記事:「テスラに脚光、エジソンに並ぶ発明家」)

1月29、30日にテキサスA&M大学で開かれた、コンペを含めたイベント「デザイン・ウィークエンド」で、マスク氏は「ハイパーループが現実になるという実感がわいてきました。
一般の人々も世界も、何か斬新なものを欲しているのは明らかです」と話した。
さらに、「あなた方が取り組んでいる計画は、世の中をあっと驚かせることでしょう」と学生たちを激励した。(参考記事:「夢の超音速列車「ハイパーループ」、成否の鍵は?」)

現在、少なくとも2社がチューブ輸送を独自の方式で商業化しようと動いている。
そのうちの1社、ハイパーループ・テクノロジーズのCEO、ロブ・ロイド氏は「文字通り、ハイパーループを建設中です」と語る。
同社は、ラスベガス近郊に敷いた長さ3キロ近くのテストトラックで、実物大のポッドを走らせる計画を立てている。
ライト兄弟が初飛行を成功させた地になぞらえて、氏は実験を「キティーホークの瞬間」と呼ぶ。(参考記事:「ライト兄弟の知られざる「飛行問題」」)

「ハイパーループは実現可能なシステムです」と話すのは、MITハイパーループチームのプロジェクトマネージャー、ジョン・メイヨー氏だ。彼自身、初めはこのアイデアに懐疑的だったそうだ。
だが今は、運ぶのが貨物であれ人であれ、いつか何らかの形で実用化されると予想している。
メイヨー氏は、「技術的には答えを出せる」と話す。むしろ本当の課題は、採算が合う額で建設できるか、政府の承認を得られるかだという。

5:2016/02/26(金) 07:51:16.52 ID:

>>1
まあ、実現されれば、高速鉄道の行き着く先が完成することになり素晴らしいが、

一つの問題は、完成されたアトの路線の保守が非常に難しいことだよな。
「自然は真空を嫌う」ので、チューブの中を大規模に真空にするこのアイデアは、自然による猛烈な抵抗を受ける。

すなわち、繰り返し使用することでチューブ本体にヒビや亀裂が入ったり、いろいろなダメージを受けやすいのである。
おそらく、この鉄道が完成した初期は、絶えず事故に見舞われるだろう。

そのためにチューブ鉄道は放棄されるか、
もし踏ん張るとしても、おそらく百年近く続くであろう改良の時期を乗り切れる精神があるかどうかだな。

14:2016/02/26(金) 08:54:29.85 ID:

>>5
やっぱり保守が難しいよね
46:2016/02/26(金) 12:51:09.89 ID:

>>1
後輩たち頑張ってるな
87:2016/02/26(金) 21:59:53.46 ID:

>>1
昭和世代にとってはこれが実現してやっと21世紀って感じだなw
乗員の制服は銀色のぴっちり全身タイツで
3:2016/02/26(金) 07:34:56.20 ID:

そもそも、なぜハイパーループなのか?

「数年前、私はロサンゼルスで渋滞に捕まり、予定していた会合に1時間も遅刻してしまいました。そのとき、『まったく、もっといい移動手段があるはずだ』と思ったのです」。
サプライズで登場したデザイン・ウィークエンドの会場でマスク氏はこう話した。

「この会合で、思いついたばかりのアイデアを何の気なしに口に出しました。その後、これはもっと詳しく説明すべきことではないかと感じたのです」。
そこで2013年8月、58ページにわたる白書をスペースXのウェブサイト上に掲載。この構想はさほど話題を呼ぶとは期待していなかったが、反響は予想を大きく超えた。

マスク氏の提案は無謀と言えた。
乗客を乗せた車両(ポッド)が太陽電池で空中に浮かび、鉄塔に支えられた細長いチューブの中を、音速とほぼ同じ時速約760マイル(1223キロ)で疾走する。
氏はハイパーループを「コンコルド、レールガン、エアホッケーテーブルをかけ合わせたようなもの」と表現し、飛行機、鉄道、船、車に続く「輸送における第5のモード」になり得ると語った。
(参考記事:「デトロイト自動車ショー、5つのエネルギー革新」)

カリフォルニアでは、最高時速220マイル(354キロ)、2時間半でロサンゼルスとサンフランシスコを結ぶ高速鉄道が提案されているが、マスク氏は「遅すぎる」と一蹴。
代案のハイパーループなら、同区間を30分で移動できる。氏の見積もりでは、建設費用は60億~100億ドル。600億ドル超を要する高速鉄道よりもはるかに安い。

「ある都市に住み、職場は別の都市。それが可能になれば、人々の自由がもっと広がります」と、マスク氏は学生に展望を語った。

賛同者も現れた。1年経つか経たないかのうちに、少なくとも2社がマスク氏の構想を実現しようと動き出した。

「都市の定義が変わります」とロイド氏は言う。
シスコシステムズ社の元取締役で、現在はハイパーループ・テクノロジーズを率いるロイド氏は、音速のチューブ輸送で通勤時間は大幅に減ると付け加えた。
カリフォルニア州で設立されたばかりの同社だが、名のある人材を次々と巻き込んでいる。
スペースX出身のエンジニアであるブローガン・バンブローガン氏、2012年のオバマ大統領再選キャンペーンで選挙対策本部長を務めたジム・メッシーナ氏、
ペイパルでマスク氏の下で働いていたデイビッド・サックス氏、有償ライドシェア企業「ウーバー」への投資家であり、マスク氏にハイパーループ構想の発表を促したシャービン・ピシュバー氏ら、
いずれもビッグネームだ。(参考記事:「自動運転タクシーで温室効果ガス94%減、米研究」)

チューブ輸送の商業化に向けた開発レースについて、ロイド氏は「どう見ても、わが社が最も先を行っています」と自信を見せる。
ネバダ州にあるアペックス・インダストリアル・パークで、同社は野外実験に使う推進モーターの製作を始めている。今年の春にはテストトラックを建設し、試験を始める予定だ。

「世界中がハイパーループに関心を持っています」とロイド氏は言い、欧州とロシアで貨物や人を運ぶチューブ輸送システムが議論されていると指摘。
特に港では、「コンテナを運ぶ短期的需要」が多く見込まれると語った。

別の起業家、ディルク・アールボーン氏は2015年、自身がCEOを務めるハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)が、2016年にテストトラックの建設に着手すると発表。
カリフォルニア州内の高速道路I-5沿いにある新しい街、クエイ・バレーの近くに、約8キロのコースが作られる予定だ。
HTTは、日中は大学やボーイング、スペースXといった企業で働く専門家が、将来の利益を見込んで副業として開発に携わっているネットワークだ。

HTTの計画では、気圧を一定に保ったチューブ内で、空力設計されたアルミ製ポッドを磁石とファンを使って駆動する。
鉄製チューブの天井にはソーラーパネルとバッテリーパックが装備され、夜間や曇天時にもエネルギーを利用できる。

アールボーン氏は、ハイパーループは鉄道より安く済むと説く。
既存の高速道路上に鉄塔を使ってチューブを設置するため、線路を敷く必要がないうえに、土地取得の費用もかからないからだ。悪天候や自然災害時でも運行可能だという。

もちろん、ハイパーループの長所を疑問視する論者は多い。鉄塔は地震に耐えられるのか? ソーラーパネルで十分な電力を得られるのか?
急な発進やカーブ、勾配、減速で、乗客は酔わないのか?

103:2016/02/26(金) 23:36:38.42 ID:

>>3
>「ある都市に住み、職場は別の都市。それが可能になれば、人々の自由がもっと広がります」

東京に住んでから言えや

4:2016/02/26(金) 07:35:13.01 ID:

20カ国、120以上のチームによる超ハイレベルなコンペ

マスク氏自身は、特定の企業を支持したり、独自のハイパーループシステムを作ろうとはしていないと話す一方、自らの構想が前進するよう望んでいる。
そこで2015年の夏、スペースXはコンペを開催し、カリフォルニア州ホーソーンにある本社近くに1マイル(約1.6キロ)のテストトラックを建設すると約束した。

コンペの開催に小躍りしたのが世界各国の学生たちだ。
「デザイン・ウィークエンド」には、米国の27州に加えてインド、中国、南アフリカ、ドイツなど20カ国から120チーム以上、計1000人を超す学生が集まった。

米運輸長官アンソニー・フォックス氏は基調講演で、「このコンペの素晴らしさの1つは、全員が勝者だということです。
なぜなら、ここにいる誰もが未来へ向けた構想に関わっているのですから」と述べて参加者をたたえ、政府はイノベーションを後押しする必要があるとも付け加えた。

出場チームは、ポッドを空中に浮かべるためのさまざまな方法を示してみせた。あるチームは、空気軸受(エアベアリング)を採用。
エアホッケーのパックがテーブルの上を滑るのと同じ仕組みだ。また別のチームは、磁石を用いた。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」から着想を得たHendoホバーボードも、この方法で地面から浮上している。
マスク氏は前者の方式に傾いていたが、HTTとMITは後者を選んだ。(参考記事:「空飛ぶスケボー、空飛ぶバイクの時代がやってくる?」)

「冷蔵庫用マグネットのように、磁石はずっと効果を保ち続けますから」とMITのメイヨー氏は言い、彼のチームが提案するポッドの底面には、
アルミニウム製の走行路に対して下向きに磁石が付いていると説明する。

メイヨー氏によれば、「スピードは出れば出るほどいい」。スピードが大きいほど、ポッドが浮く力に対する抗力は減る。
1.6キロあるスペースXのテストトラックでは浮上時に少なくとも時速35キロが必要で、目標は時速386キロ。
トラックが短いことを考え、ポッドには「フェイルセーフの」油圧ブレーキシステムを備えてある。

メイヨー氏は、MITのチームが1位を取ったことに若干驚いたと明かした。
彼らの案はほとんど技術面にのみ工夫を凝らしていて、外見には労力を割いていなかったからだ。実際のポッドには乗客用の席を設けるとはいえ、仮想の設計ではそれすらなかった。

このほか、上位から順にオランダのデルフト工科大学、以下米国のウィスコンシン大学、バージニア工科大学とカリフォルニア大学アーバイン校が高い評価を得た。
スペースXは具体的な日程を決めていないが、このほか25チームが、2016年夏に最終テストトラックで競い合う。

「ここで得られた知見は、今後もオープンソースとして公開されます」と、スペースX社は自社のウェブサイト上で述べている。
マスク氏は学生たちに対し、この先もハイパーループに関わるコンペをいくつも考えていると語った。

他のチーム同様、MITの学生たちは、ポッドを作ってテスト地点まで運ぶための資金や寄付集めに奔走中だ。プロジェクトに必要な額の約10万ドルは得られると彼らは期待している。

コンペに参加した多くは大学院生で、以前にさまざまな電気自動車を製作して学内で競ったり、エドガートンセンターを拠点に仕事をしたりした経験がある。
だが、機械工学で修士号を取ってこの5月に卒業する予定のメリアン氏は、「スペースXのコンペのレベルは、他のコンテストより高かったです」と振り返る。

「誰も、僕たちがこんな課題に取り組むとは思っていませんでした」とメイヨー氏は言う。彼は春に卒業後、NASAのジェット推進研究所で働く予定だ。
「このコンペはさまざまなことを学べる絶好の機会ですし、おそらくは輸送の未来を変える機会でもあると思います」

8:2016/02/26(金) 08:33:21.81 ID:

ホリエモンとイーロン・マスクの違い 分かった?wwwwwwwwwwwwwww
9:2016/02/26(金) 08:38:50.47 ID:

話題の割には長過ぎる
10:2016/02/26(金) 08:41:46.97 ID:

夢のある話だけど
テストトラックさえ稼働してないのに、こんだけ大口叩いてるってのは
それほど投資家も集まってなく、有望視もされてない技術なんだろうな
12:2016/02/26(金) 08:49:19.43 ID:

本気でメンテナンスする気なのかな?w
13:2016/02/26(金) 08:54:07.08 ID:

>イーロン・マスク氏

こいつ大実業家か、詐欺師(夢想家)か、未だ評価が定まってないだろ?
テスラ限定で言えば、詐欺師全開だ

21:2016/02/26(金) 10:04:44.76 ID:

飛行機など作っても万一金属疲労を起こしたら空中分解して乗客全員完全死亡 この列車の場合はただ止まるだけの場合さえ多いだろうのに比して

世界中の何万機を毎日毎度厳密チェックする費用と時間は膨大苛烈で採算取れそうもなく、
それでも絶対120%ではないのだからまともな人間は乗らない
旅客機社会が実現することはない 少なくともまともな自分は空を何百キロで飛ぶ鉄の塊など怖くて絶対乗れたものじゃない

24:2016/02/26(金) 11:06:33.78 ID:

>>21
そこじゃない。根本がズレてる。
飛行機が航行する「空」というプラットフォームは大局的に見れば不変で絶対安定だが、
この列車が走行する「真空チューブ」というプラットフォームは恐ろしく脆い。

同じ気圧差の問題として「宇宙」や「深海」に敷設する事を考えれば解り易いだろうが、
このプラットフォームは「空」より余程難しい。
その環境維持コストは機体個別のメンテナンスなんぞとは比較にもならん。

25:2016/02/26(金) 11:10:13.66 ID:

こういう革新的な構想は楽しいんだけど
問題は採算だよな
26:2016/02/26(金) 11:17:15.00 ID:

こんなのできたら
リニアの価値なし
28:2016/02/26(金) 11:19:57.45 ID:

途中で止まったらどうやって脱出するんだろうか
32:2016/02/26(金) 11:30:47.45 ID:

アメリカは攻めるなあ
43:2016/02/26(金) 12:33:31.18 ID:

飛んだほうがてっとり早い
45:2016/02/26(金) 12:38:07.33 ID:

リニアより早く完成したりして
アメリカならやりかねん
51:2016/02/26(金) 14:07:47.59 ID:

昔のラブホテルで見た。
65:2016/02/26(金) 20:41:31.13 ID:

SFで描かれるチューブはたいてい透明だが
>63には直径2.23mの鋼管で低コストとある。
ビジュアル的には高架化下水道。内部はとても狭く窓なし。

圧迫感が酷いから、窓サイズの風景表示とか必要だろうな

73:2016/02/26(金) 21:17:31.06 ID:

>>65
外部のチューブに取り付けたカメラで撮影した映像を液晶テレビの窓に写す

グーグルマップのように撮影後に3Dでマッピングしたものをリアルタイムで速度相当の視点変化させた画像処理して写せばいいだろう

75:2016/02/26(金) 21:21:25.04 ID:

>>73
有機ELを用いれば、天井から足元まで丸ごと映像にすることもできる。
空間全体をね。
67:2016/02/26(金) 20:56:36.26 ID:

でも火星に配備すれば、長距離移動を容易にして、
テラフォーミングと探査が飛躍的に進むよね。

122:2016/02/27(土) 08:01:35.88 ID:

>>67
百分の一気圧の火星で、更に気圧を下げる意味は無いだろw
68:2016/02/26(金) 20:56:52.72 ID:

まずはリニアモーターカーを完成させてみてからだろうな。
おそらくさらに未来の鉄道はここから出発するだろう。
74:2016/02/26(金) 21:17:53.75 ID:

地上にもできるし、首都高速型みたいにもできる。

さらに、海底に敷設して、アメリカと日本を結ぶこともできる。
勿論山中にも

76:2016/02/26(金) 21:23:19.72 ID:

あとはロマンは無いが、有人でなくてもいい、貨物専用という考えもある

ロケットと同じで輸送コストに安全性や快適性や加圧など、有人と無人のコストを同一視すると無駄が多くなるという面もある

78:2016/02/26(金) 21:29:37.89 ID:

輪っかにして風速500Kmとかで循環させれば真空(減圧)するより簡単じゃないの?
80:2016/02/26(金) 21:33:54.99 ID:

>>78
どうやって乗るんだよw
89:2016/02/26(金) 22:08:29.79 ID:

>>80
分岐させればいい

列車も軌道走って風無しで時速500kmだせれば風と併せて時速1000km
イメージは追い風500kmのトンネル走るリニア

分岐口に風の流れ変えるウィング(ふらっぷ)的な扉でよくない?
風量調節しなが数回分岐減速させる

93:2016/02/26(金) 22:32:04.94 ID:

>>89
それはアリだな!
合わせ技のほうがよりいい

何でかと言うと、管の表面は必ず速度が0になってしまうので、パイプの中の流速を上げること自体が元々難しい

でも空気を薄くすればするほど流れが乱れないのでパイプ流も早くし易い

もちろん原理として空気抵抗は速度差だから当然進行方向に循環させれば空気抵抗は低くなる

83:2016/02/26(金) 21:37:24.91 ID:

>>78
でも実はこの考え好きなんだけど

度胸のある奴が加速してる歩道からピョーンと乗るとか、そういう原理もある

157:2016/02/27(土) 23:25:59.92 ID:

>>78
火災になったら一瞬で火だるまになりそうだな
82:2016/02/26(金) 21:36:35.45 ID:

スマン。こっち見たら野ざらしは本当らしい。
何も決まってない時期に鋼管だけ先なんて明らかに手順がおかしいと思うが、
本気だということを宣伝するためか

95:2016/02/26(金) 22:41:37.00 ID:

とにかくピッタリ速度が足し算にならなくてもいい

進行方向に風を30でも300km/hでも回せば空気抵抗は減る

真空でなくても、気圧を減らせば特に高速域では抵抗が減る
密封でなくても、効率良く排気運転ができればいい

あとはそれらの勘定がどうなるかだけ

98:2016/02/26(金) 22:47:10.26 ID:

>>95
パイプ内で風を起こせば、パイプ内の壁面全てで風に対する抗力、空気抵抗が発生する
普通の車両だと車両分だけの長さの側面における空気抵抗が、全トンネル分だけ発生する事になる
これはとんでもないエネルギーロスになる

減圧して強力な磁力で浮上&進むのがベストだよ

100:2016/02/26(金) 23:03:57.77 ID:

それとハイパーループはエネルギー供給をどうするか、という大きな問題もある
以前の資料にファンをモーターで回すという記載を見たが、バッテリーでこのエネルギーを賄えるはずがない
1000km/hで架線集電方式なんかにしたらすぐに摩耗して保線どころじゃないだろう
モーターはやめてジェットエンジンぐらいしか可能性が無いが、事故時に爆発して危険だし減圧トンネル外への排ガス排気は難しい
104:2016/02/26(金) 23:36:51.33 ID:

>>100
それ、給電は重要
リニアの線路から加速力を供給するのが一つの案

もう一つはハイパーループは密閉空間だから、床と天井の気圧差を簡単に作れて揚力にエネルギーを使わない、空気抵抗が少ないので速度維持のエネルギーも使わないという前提がある
その前提ならバッテリー給電も可能性がある

134:2016/02/27(土) 13:23:47.95 ID:

>>100
空気抵抗がなければ小規模のリニア駆動力だけでいいだろ
125:2016/02/27(土) 08:23:00.85 ID:

これにこそ「bullet train」という言葉が相応しいな。
「cannon train」という表現が更に判りやすいかもしれない。
131:2016/02/27(土) 08:58:02.86 ID:

夢を語るのは自由だしそんなことは不可能だなんて軽々しく言いたくないけど

>氏の見積もりでは、建設費用は60億~100億ドル。600億ドル超を要する高速鉄道よりもはるかに安い。

これだけはないわ
安いわけないだろ

133:2016/02/27(土) 10:19:41.85 ID:

>>131
イーロン・マスクに算数ができる程の知能があるならロケット事業に手を出してないはずだが
158:2016/02/27(土) 23:57:20.02 ID:

>>131
技術よりも、「どこからどこに移動するか」が遥かに重要

東京~新大阪、東京~青森、サンフランシスコ~ロスアンゼルス、が5~600km

飛行機は500kmでも1000kmでも建設費が全く変わらないから、距離で費用が増す鉄道はその点では不利

日本のリニア新幹線は100kmあたり1.5~2兆円かかるが、それでも事業として成り立つ見込みなのは、東京~大阪の人口と移動ニーズが大きいため

ハイパーループが成功する鍵は、特にSFとLAの人口と移動ニーズが大きく左右する
通勤なのか出張なのか旅行なのかも大きな要素だろう
もちろん用地買収と安全性も関係する

 

関連記事

  1. scania2_sj
  2. 32EA253B00000578-0-image-a-66_1459980480133
  3. maxresdefault
  4. mig
  5. 0ab6e45a
  6. tucson-subaru-eyesight-banner

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー