「次世代カーシェア」が便利過ぎて自動車販売台数は40%減へ

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6805
自動運転と並び、既存の自動車業界を揺さぶっているのが「カーシェア」だ。
 2025年までには、自動車全体の20%がシェア利用されると言われている。自動車メーカーは、自動車ビジネスの新しいあり方を模索することを迫られているのだ。
今年2月にバルセロナで開催された、世界最大級のモバイル見本市「モバイルワールドコングレス」で、フォードのマーク・フィールズCEOは
「フォードは、自動車メーカーから、自動車サービス企業に変わる」と宣言した。
かつて自動車は憧れの対象であり、若者にとっては所有する車がそのアイデンティティーとなっていた。今や若者にとってのアイデンティティーはスマホなどの電子機器にとって代わられ、
自動車は「持つ」ものから「使う」ものへと急速に変化を遂げている。
そうした現状に危機感を抱き、最近BMW、GM、フォードなどの欧米の大手自動車メーカーが、相次いで「カーシェア」事業に参入している。
日本においても、1960年代からトヨタや日産などのメーカーが、自社の車をレンタルする「レンタカー」ビジネスを展開したが、それらのサービスとは内容も狙いも大きく異なる。
 BMWは、今年4月に米国シアトルで「ReachNow」というカーシェアサービスをスタートした。ReachNowは、BMWおよび傘下のMINIの自動車を「1分単位」で、
「どこからどこへでも」簡単に借りることができるサービスだ。
まずは無料のスマホアプリをダウンロード。免許の表裏両面と、自分の顔写真を送ると、免許の写真と自動でマッチングを行い、本人認証を行う。
あとは、支払い用のクレジットカードを登録すれば登録が完了する。
従来のレンタカーとは異なり、街中に駐車してある車を直接借りることができる(上のスマホ画面参照)。借りたい車が見つかったら、スマホから無料で予約ができる。
そして駐車場所で車を見つけると、鍵の代わりとなるのは「スマホ」だ。
 スマホアプリから車の鍵を開け、車に乗り込む。車に乗ってから1分単位での課金となり、サービスエリア内であれば「どこでも」降車が可能というのも特徴だ。
ガソリン代、保険、パーキングメーターなどは料金に含まれており、気軽に利用できる。現在は登録無料、1分あたり41セント(約45円)で利用ができる。12時間使って最大80ドル(約8800円)となっている。
最近大手自動車メーカーが展開しているカーシェアサービスは、このように、自分の好きなメーカーの車を、1分単位から借りられて、しかも、どこでも乗り捨て可能という便利なサービスだ。
しかし、こうしたサービスの提供は、自らの本業である自動車の販売にマイナスの影響を与える可能性もある。なぜ自動車メーカーは、自らこうしたサービスを提供するのであろうか。
その背景には、欧米を中心に急速に進む「シェアリング系」サービスの普及がある。まずは、Uber、Lyftなどの「ライドシェアリング(以下、ライドシェア)」が挙げられる。
日本では規制の問題があり、まだサービス自体もスタートしていない状況だが、米国ではすでにタクシーなど既存のサービスを脅かすほどに普及を始めている。
経費精算ソフトのCertifyが公開したデータによれば、15年のビジネスにおける出張時の交通手段として、Uber(41%)が、タクシー(20%)とレンタカー(39%)を上回った。
最近では全米ほとんどの空港でライドシェアの乗り入れが可能となっている。
そしてもう一つが、GetaroundやRelayRidesなどに代表される「C2Cカーシェアリング(Consumer to Consumer、以下、C2Cシェア)」というカテゴリーのシェアリングサービスである。
ライドシェアは、自家用車を持つ消費者が、空き時間などを利用して「ドライバーとなる」サービスだが、C2Cシェアは、自分が車を使わない時間に、「他の消費者に車を貸す」というサービスだ。
C2Cシェアの代表的なサービスであるGetaroundは、10年の創業で現在会員20万人。利用方法はBMWのReachNowと似ており、アプリから近くの車を探し、スマホから予約、
すぐに利用できる(下のスマホ画面参照)。利用は1時間単位で、1時間5ドル(約550円)となっている。
ほとんどの自家用車は、1日あたり22時間は駐車場に止まったまま使用されていない。C2Cシェアを使うことで、自分が車を使わない時間でお金を稼ぐことができ、
毎月のローンや保険にかかる費用を全てまかなってしまうという自動車オーナーも多く出ているという。

2:2016/06/03(金) 10:55:37.33 ID:

大きく変わりつつある自動車業界において、スタートアップ(ベンチャー企業)への投資やパートナーシップの動きも活発になっている。
最近、最も活発な動きを見せているのがGMだ。1月には、ライドシェア大手Lyftに5億ドル(約550億円)の投資を実行。
Lyftと共同で、テキサス州オースチンで自動運転車によるライドシェアを開始する計画があることを発表している。
そしてその直後に、サービスを閉鎖したライドシェア企業Sidecarの技術資産と人材を買収。3月には、自動運転技術スタートアップのCruiseを、
10億ドル(約1100億円)とも言われる金額で買収することを発表している。
16年に入ってからわずか3カ月の間に、立て続けに3つもの新興企業への投資、買収を行ったことになる。Cruiseの買収にあたっては、設立わずか3年弱の
スタートアップの買収のために、社長自らが交渉に乗り出したという噂もあり、その本気度が伺える。GMがライドシェアに積極的な背景には、Uber、Lyftなどのドライバー
は非常に燃費を気にするため、燃費の良い日本車が好まれ、GMの車に乗っているドライバーはあまり見かけないなどの事情もあるかもしれない。
燃費のよい自動車でさえも、所有から使用が前提の時代になると、販売シェアは高まるかもしれないが、販売台数は減ることになる。消費者に魅力をわかってもらえなければ、時代から取り残される可能性がある。
自動車メーカーがこうして動き出す以前から、Googleをはじめとするテクノロジー系企業は投資、パートナーシップに積極的に動いていた。
Googleは、Uberにとっての初期(13年)の大きな投資家であり、Google Mapsとの連携、ボルボ、フォード、Lyftなどと共同での自動運転推進団体の設立、
など活発に動き始めている。マイクロソフトやアマゾンなどもUberに投資を行っている。
また、中国企業も投資に積極的だ。Uberには検索大手の百度(バイドゥ)が、Lyftにはeコマース大手のアリババとゲーム大手のテンセントが出資をしている。
最も具体的な動きを見せているのは百度だ。同社は、米国に大きなAI研究所を持っており、自動運転への参入も表明している。
一方で、日本勢の動きは限定的だ。Lyftには楽天が出資しているが、その他目立った動きはない。トヨタが、昨年11月に米国シリコンバレーにAIの研究所を設立し、
今後5年間で10億ドル(約1100億円)を投資することを発表しているが、まだ具体的な動きは見えてこない。
最後に、今後自動運転技術が普及する中で大きく変わる4つのビジネス(コンテンツ、コマース、保険、自動車)についてまとめてみたい。
今後も販売好調と予測する自動車メーカー
1つ目は「コンテンツ」だ。これまで自動車ビジネスにおいてコンテンツというと、あくまで運転を補助するもの、例えば、カーナビにおける地図やカーステレオからの音楽というものに限定されていた。
これが自動運転によって大きく変わると考えられている。当初は自動運転といっても運転手はハンドルに手をかけている必要はあるが、将来的には運転はすべてコンピューターに任せて、
ビジネスマンはビデオ会議をしながら、一般の消費者はテレビを見ながら目的地まで行くという時代が来る。
日本では、通勤時間の電車の中で大きなスマホアプリ市場が生まれたと言われているが、今度は自動車の中で様々なアプリ、コンテンツを楽しむ時間が生まれる。
2つ目は「コマース」だ。自動車は、元来旅行や買い物など、消費者の消費行動と紐付いている。これまでは旅行や買い物に行くための移動手段にすぎなかったが、
これからはナビに指定された目的地や過去の利用履歴などからパーソナライズされたクーポンが表示されたり、目的地の遊園地の入場券を車の画面から買うなど、
新たなコマーススタイルの発生が想像される。VISAは、自動車の中から様々なものが購入できる「車内コマース」のコンセプトを発表している。
3つ目は「保険」だ。現在国内だけで約8兆円の市場規模がある損害保険市場であるが、これは「自動車が事故を起こす」という前提に形成されている市場だ。
一般道でテスト走行を続けているGoogleの自動運転車がこれまでに起こした事故はたったの一度(低速でのバスとの接触事故)。
将来的に道路を走る車が全て自動運転車となり、それぞれが通信を行い、協調しながら走行するようになれば、交通事故の数が激減することは間違いない。
損害保険市場がいきなりなくなるとは考えにくいが、中長期的には確実に縮小していくことになる。
最後は自動車産業そのものだ。現在日本の自動車メーカーの販売は好調であり、今後も新興国を中心に需要が伸び、販売は順調に成長するという予測をしている会社が多い。果たしてそれは本当だろうか?

3:2016/06/03(金) 10:59:57.25 ID:

カーシェアって清掃とかどうなってるの?
基本的にずっとほったらかしだろうから、衛生面とかかなりヤバそう
あとメンテも

64:2016/06/03(金) 22:05:56.40 ID:

>>3
タイムズやオリックスのカーシェアリングでは定期的に業者が掃除してるよ。
まぁ、そんなに頻繁ではないので、利用者のモラルに依存する部分はあるけど。
実際使ってる感想としては、みんなマナーよく使ってる。
たまに、とんでもない使い方で車が利用できなくなったという話は聞くけど。

7:2016/06/03(金) 11:03:39.04 ID:

カーシェア税が作られるな。

8:2016/06/03(金) 11:05:26.58 ID:

C2Cシェアってヤフオクよりトラブルが多そうだけど大丈夫なのか?
借りる相手の中には車をもてないリボ払いとかいるだろうし
整備不良で事故ったとか訴えられたらどうすんだ

9:2016/06/03(金) 11:06:50.51 ID:

欧米は休みや通勤時間など融通が利く。
有給が自由に取れたり勤め人が1か月まとめて休めたりとかね。
フレックスとか在宅勤務とかも融通が利くし。
一方日本は使いたいときに集中する。
お盆や正月の帰省&Uターンとかゴールデンウィークとかね。
日々の生活だって欧米よりひどいラッシュが必ず起こるし。
そんな使いたい時が集中する国にカーシェアは向いていない。

12:2016/06/03(金) 11:08:42.60 ID:

事故が起きなくなる事は素晴らしいのに
あたかも問題のように語るってのは、おかしくね?

13:2016/06/03(金) 11:11:42.40 ID:

ネットカフェを不潔だと思う層には受けないだろうな。

14:2016/06/03(金) 11:13:14.33 ID:

自動運転なんて技術が開発されたら
それこそ自家用車なんて持つ必要がなくなるんだよね
自動運転のタクシー呼んで済ますだけ
駐車場代や燃料費その他もろもろの維持費考えたら
タクシー代に3万円/月かかろうがおつり来るわ
駐車場代がかかる都会なら尚更 自動運転技術が開発されたら
タクシー運転手の雇用がなくなるだけでなく
自家用車がほぼ売れなくなる

15:2016/06/03(金) 11:14:40.53 ID:

車は個人所有じゃないと好きなように弄れないからツマラナイ
自分の好きなようにカスタマイズするのも車の楽しみの一つなんだから
自動運転は運転する楽しみが無いからダメだ

42:2016/06/03(金) 12:40:54.92 ID:

>>15
おまえみたいのが生きてるあいだは、自動車メーカーは安泰だな。せいぜい長生きしてくれ

16:2016/06/03(金) 11:16:22.57 ID:

車は高いし流行らない

17:2016/06/03(金) 11:20:12.86 ID:

対応策教えてやるよ
工場で車作ってる奴全員に家建てて家族養って、そして車買えるだけの給料払ってやれ

18:2016/06/03(金) 11:21:12.89 ID:

タイムズのカーシェア使ってるけどこれ以上流行らないで欲しい
だんだん予約が取りにくくなってる

63:2016/06/03(金) 21:07:26.47 ID:

>>18

分かる

一度カーシェアリングしたら、もう自分のクルマとかいらんな

21:2016/06/03(金) 11:25:20.50 ID:

雇用に続き所有も流動化するのは自然だわな

23:2016/06/03(金) 11:26:01.53 ID:

カーシェアも乗り捨てが出来るといいけどな。
もっと普及したら出来るようになるんだろうけど。

28:2016/06/03(金) 11:36:15.21 ID:

自動車は生活道具としては維持費が高すぎる
それでも持ちたいってのは趣味で金払える奴だけだろ

29:2016/06/03(金) 11:39:02.28 ID:

タイムズカーシェア便利だわ。
月に何度か、乗るときだけ借りればいい。
スマホで予約して、カードキーでピッと使えるのがいいね。

30:2016/06/03(金) 11:45:54.59 ID:

所有はアッパーミドル以上の趣味になっていくだろうな

32:2016/06/03(金) 11:50:53.23 ID:

カーシェアリングが本格化する5年後から東京ですら交通渋滞が無くなる
車は個人が所有するんじゃなく
カーシェアリング企業が所有することになる つまりマーケティングの仕方が完全に変わってしまう

だからアップルは中国のカーシェアリング企業に1000億円も投資した

34:2016/06/03(金) 11:53:54.59 ID:

中古の軽を持ってて必要に応じて大きめのを借りてる。

40:2016/06/03(金) 12:12:48.16 ID:

どうせまた海外のサービスが日本に入ってきて日本がグダグダやってるあいだに
市場全部奪われて終わりのいつものパターン

44:2016/06/03(金) 12:46:04.28 ID:

レンタル一度考えたけど手続きやら面倒臭さいしやっぱり他人と共用すると落ち着かないから車買ったわ

50:2016/06/03(金) 14:23:43.47 ID:

そのうち自動運転がデフォルトになって人間の運転が
禁止になるだろ。運転は今の乗馬みたいになる。
グーグルのトップが言うには車が減ることによって都市の土地の利用効率が劇的に良くなる。

58:2016/06/03(金) 18:39:37.92 ID:

女もレンタルの時代だしな。

62:2016/06/03(金) 20:56:22.11 ID:

自動運転と組み合わせれば自分でクルマ持つ必要なくなるな

67:2016/06/03(金) 22:49:32.03 ID:

自動運転車社会前夜

66:2016/06/03(金) 22:31:27.54 ID:

お仕事で良く使う人は所有するはず
週末しか使わないって層はカーシェアかもな

管理人コメント:

駐車違反のリスクとかないんだろうか?まあこれも自動運転普及までのつなぎに過ぎないんでしょうね。

ちなみにトヨタはウーバーと提携してます。

【朗報】トヨタ、配車アプリのウーバーへ出資

関連記事

  1. BL01_IT_NIKESH_ARO_1444099g
  2. download
  3. download
  4. download
  5. images
  6. download (1)

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー