資源小惑星を持ち帰る計画にNASAが10万ドル出資

1:2016/06/19(日) 18:08:11.89 ID:

小惑星に宇宙船で飛びついて目的地までナビゲートして宇宙で資源を得るというとんでもない計画にNASAが出資

火星への移住計画実現のためには、宇宙で資源を獲得する必要があります。宇宙での資源調達先として希少金属を多く含む「小惑星」が有望視されていますが、なんと小惑星に飛びついて、任意の場所まで持ち運んでくる宇宙船を開発するというSF小説のような計画「Project RAMA」が持ち上がり、NASAが計画に出資しています。

小惑星の中には希少金属を大量に含むものがあり、地球資源を補完するために小惑星を月の周回軌道まで取り込めないかが真剣に検討されています。

しかし、地球に限らず宇宙空間でも小惑星の有用性は極めて高いことが認められてます。例えば、火星で人間が生活するためには火星で資源を調達することが必須ですが、ロケットの重量の約90%から95%を推進剤が占めていることを考えれば、地球から宇宙空間に運べる資源はごくわずかであり、現実的ではないからです。

そこで、宇宙での資源獲得先として有望視されている小惑星をいかにして”捕獲”するかが問題となっており、宇宙船に取り込む計画や、巨大な網で小惑星を包んで持ち帰る「投網方式」などが考案されてきました。そんな中で、小惑星に飛びついて、その軌道を変えて目的地まで運んでくるというSFさながらの計画「Project RAMA」がアメリカで立ち上がっています。

RAMAプロジェクトを推進するのは宇宙で部品を作れる3Dプリンターをすでに国際宇宙ステーションに納品した実績のある企業のMade In Space社。RAMAプロジェクトでは、小惑星に小さな「Seed Craft」と呼ばれる宇宙船を飛びつかせて、小惑星表面から採取した土を材料にして3Dプリンターで噴射機を作り、その噴射機を操縦して小惑星の軌道を変えつつ小惑星を目的地まで導くとのこと。なお、Seed Craftは無人機で、材料の採取、噴射型構造物の作成、噴射装置の操縦などをすべて人工知能が行う計画になっています。

あまりにも現実離れしたRAMAプロジェクトですが、NASAは10万ドル(約1050万円)の資金を提供したとのこと。この資金はRAMAプロジェクトの実現可能性がどれくらいあるのかを見極める調査費用に充てられるとのことで、Made In Spaceは9カ月以内にホワイトペーパーを作成してNASAに提出する予定です。なお、ホワイトペーパー次第では、RAMAプロジェクトはフェーズ2に進み、さらに50万ドル(約5300万円)の費用がNASAからMade In Spaceに提供されることになっています。

宇宙空間で狙い通り小惑星にSeed Craftを着陸させることさえ高度な技術が要求される上に、小惑星の資源を使って構造物を作り、それを制御して目的地の周回軌道に乗るようにコントロールするという離れ業まで実現するとなると、まさに雲をもつかむ話と言えそうです。しかし、Made In Spaceの最高技術責任者のジェイソン・ダン氏によると2030年までに最初のSeed Craftを打ち上げる予定だとのことです。

本文中ソース
Reconstituting Asteroids into Mechanical Automata | NASA
http://www.nasa.gov/feature/reconstituting-asteroids-into-mechanical-automata

NASA Wants To Turn Asteroids Into Spaceships – Vocativ
http://www.vocativ.com/327410/nasa-asteroids-spaceships/

As company seeks to build AI-powered asteroids, what could go wrong? | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/06/as-company-seeks-to-build-ai-powered-asteroids-what-could-go-wrong/

ソース
http://gigazine.net/news/20160619-made-in-space-seed-craft/

http://i0.wp.com/i.gzn.jp/img/2016/06/19/made-in-space-seed-craft/00.jpg

6:2016/06/19(日) 18:17:42.49 ID:

>>1
とんでもないどころか、合理的だと思うが。
リスク回避の為にも小惑星の軌道変更技術は磨いた方がいいし。
20:2016/06/19(日) 18:43:08.51 ID:

>>1

欲しい物質は、ナノテクノロジーを使って量子から作り出せばいいじゃないか。
てか、そこまで科学技術が発達すれば、人間は人体捨てて別の媒体のなかで更に進化してるだろうけどさ。

32:2016/06/19(日) 19:52:14.90 ID:

>>1
たかが石ころ一つ!
45:2016/06/19(日) 20:52:17.74 ID:

>>1
日本もお宝資源小惑星捕獲しる!
今ならまぢ早い者勝ちだもんね
2:2016/06/19(日) 18:09:03.02 ID:

ホントに成功するのかな
3:2016/06/19(日) 18:10:54.02 ID:

月にはなんもないの?
4:2016/06/19(日) 18:15:17.21 ID:

>NASAは10万ドル(約1050万円)の資金を提供した
ショボすぎる。全然やる気がないみたいだ。
たぶん、どっかの議員が大騒ぎしているんだろうね。
7:2016/06/19(日) 18:19:08.63 ID:

無理だろこれ
資源になりそうな大きな小惑星の軌道を替えるのにどれだけエネルギーが必要なんだろ
どっからそのエネルギー持ってくるんだ?
衛星の太陽電池程度じゃ話にならんぞ
12:2016/06/19(日) 18:28:40.39 ID:

まあスイングバイで、上手く地球軌道まで低いエネルギーまで持ってくるんだろうがね。
 こういう宇宙技術って、最初が大変。恒久月基地でも、アメリカ大陸移住と同じで
 最初に行く人が一番苦労するし死ぬ確率も高い。でも、エネルギーや土地、資源は
 手付かず。地球上でできない実験もやり放題。

 巨大加速器もワープエンジンのテストも月基地になるだろ。

25:2016/06/19(日) 18:48:41.38 ID:

10年後に直径100kmの小惑星が地球に衝突すると判ったら、人類は
どうすればいいんだろう? 世界はその対策で一つにまとまるのだろうか?
53:2016/06/19(日) 21:51:00.85 ID:

>>25
それでも私は林檎の苗を植えるのだ
46:2016/06/19(日) 20:57:41.50 ID:

ほっておくと、いつか地球に落ちてくるしね
捕獲するのは、ディープインパクト回避するためにも必要
お宝資源もゲットできて一石二鳥
50:2016/06/19(日) 21:27:50.89 ID:

ほりえもんが投資したやつかな
60:2016/06/19(日) 23:09:48.59 ID:

ぶっちゃけ今の技術ではコスト的に高くつく
ビジネスにするには安く宇宙を行き来する方法が必要

その一つが軌道エレベーター

64:2016/06/20(月) 00:19:23.69 ID:

水もあるとほぼ確定した火星を開発するには、火星で資源調達だろう
こうのとりの積載重量が6t
小型のパワーショベルがおよそ5t
火星開発でさえ道のりは果てしない
65:2016/06/20(月) 00:20:30.75 ID:

少し前にコズミックフロントでやってたが、
小惑星の表面を白く塗って反射率をかえるだけで
軌道を変えられるらしい。
まあ月の極にレーザー基地作って
レーザー照射して小惑星の軌道を加速させたり減速させたりすれば
地球軌道に誘導する事も可能だろうね。

ヘタすれば地球に堕ちるが。

72:2016/06/20(月) 00:38:55.75 ID:

たかが石ころ一つ
73:2016/06/20(月) 00:40:00.88 ID:

小惑星を月の周回軌道に取り込むはずが
ちょっとやりすぎちゃって地球に落ちちゃったてへぺろ

管理人コメント;

ホリエモンのインターステラテクノロジー社の当面の目標としても資源小惑星探査を掲げていますね。今回のNASAの出資は小規模ですが、まだ見極め段階の出資で今後実現可能性が高いことが分かれば、段階的に引き上げていくとのことなので、楽しみですね。

関連記事

  1. download (5)
  2. images
  3. 5CERN
  4. ph_thumb
  5. download
  6. 769881db87e6f1e32b315d34990574c1

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー