土星の環が一部破れる、カッシーニが撮影【画像】

1:2016/06/22(水) 07:17:06.18 ID:

土星の環が一部破れる、カッシーニが撮影 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062100229/
http://i2.wp.com/natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062100229/ph_thumb.jpg土星の環の中に、何かが潜んでいたようだ。

NASAが6月13日に発表した土星の画像に、土星の環のひとつで、比較的外側にある細いF環の一部が崩れている様子が映っていた。この氷の環の崩壊は、環の中に埋もれていた見えない物体の仕業である可能性が高い。(参考記事:「土星の環は思っていたより軽かった」)

米国カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所のプレストン・ダイクス広報担当官によると、研究者らはこの特徴をジェットと呼び、よく見られる光景らしい。NASAの土星探査機カッシーニは、2004年に土星を周回し始めて以来、多数のジェットを観測している。(参考記事:「ミニジェット、土星の環を貫く雪玉」)

こうしたジェットは土星の衛星プロメテウスの引力によると考えられている。細長いジャガイモの形状をしたこの小さな衛星は、土星を周回しながらその重力によってF環の形を維持する「羊飼い衛星」のひとつ。しかし、同衛星の軌道は完全な円ではないため、不均一な重力によってF環の内部に雪玉の塊が生じ、それがジェットとして噴き出すというのがダイクス氏の説明だ。(参考記事:「土星の環を守る羊飼い衛星」、「土星の衛星プロメテウスの3次元画像」)

過去にはジェットの影響で、環が網目状、塊状、波状の構造になったことがある。F環が崩れている最新の画像は4月8日に撮影されたものだが、6月10日のさらに新しい画像では、傷は自然に修復されたようだ。

科学者にとってジェットはそれほど驚きではないが、その拡大画像は以前にも増して貴重なものになりそうだ。

カッシーニのミッションは終了が近づいており、2017年9月15日には運用終了予定である。2016年末には土星の北極上空に移動し、土星と最も内側の環の間を飛行した後、大気に突入する。(参考記事:「15周年、探査機カッシーニの業績」)

「グランドフィナーレ」と名付けられたこのステージでは、カッシーニが土星の上層大気を採取し、貴重なデータを送信した後、最期を迎えることになる。

3:2016/06/22(水) 07:23:30.47 ID:

オカッシーニ

4:2016/06/22(水) 07:24:43.30 ID:

あーそれ昨日車ぶつけたとこだわ

7:2016/06/22(水) 07:39:49.53 ID:

おう!長吉!輪っかのはじっこにバリ出てんぞ。ヤスリかけといてくれ!

8:2016/06/22(水) 08:00:52.37 ID:

わっかりやしたー!親方ー!

11:2016/06/22(水) 08:14:12.39 ID:

宇宙で雪合戦

12:2016/06/22(水) 08:20:37.82 ID:

土星の様な1000本以上の多重環を纏っている惑星は、現在何処にも発見されていない
(複数環は天王星/11本・海王星/4本は確認済)
何百億の星観測して1個も発見されていないこの不思議(余りにも遠くてリングが見えていない可能性あるが)
知的生命体は地球以外の存在しない、とある天文学者が言ったがあながち間違いとも言い切れない

14:2016/06/22(水) 08:35:10.31 ID:

>>12
不思議だよね

19:2016/06/22(水) 08:53:39.87 ID:

>>12
太陽系外の惑星を直接観測できてるのはまだほんの数個だし、見え方も塵程度。
環の有無がわかるほどの観測技術はまだ無い。

16:2016/06/22(水) 08:38:04.35 ID:

間近で見たら凄い光景なんだろうな

22:2016/06/22(水) 09:45:54.99 ID:

あんなにでかいのに土星の輪の厚みは5m。
これマメな。

29:2016/06/22(水) 11:23:30.09 ID:

それを言ったら、あらゆる星同士でうりふたつな星がいったいどれほどあるのかと?

30:2016/06/22(水) 11:36:04.76 ID:

それより、どうして太陽系も土星も平面に並ぶんだよ?

32:2016/06/22(水) 11:41:29.87 ID:

>>30
元が渦だからだな
三次元空間での回転の中心軸は直線になる
つまり渦は円筒状になる
それが重力で中心部に集まるから平べったくなる

管理人コメント:

カッシーニの業績は中々に偉大です。土星の探査はもちろん一般相対性理論の検証もしたし、探査機ホイヘンス・プローブを分離して衛星タイタンにも着陸させました。ちなみにこのホイヘンス・プローブは現時点で最も遠い地点にある人工物だそうです。タイタンは分厚い大気に覆われていて、メタンの湖、さらに地底には水が存在しているかもしれないということなので、木星のエウロパ同様、生命体存在の期待が持てますね。

関連記事

  1. The world's largest aircraft, the Ukraine-built Antonov An-225 Mriya, touches down at Perth Airport on May 15, 2016.
The six-engine aircraft, built to transport the Soviet space shuttle the Buran, is now used for cargo no other plane can handle and on this flight to Perth it has carried a large generator purchased by a Western Australian resources company. / AFP / Greg Wood        (Photo credit should read GREG WOOD/AFP/Getty Images)
  2. 573b3744-79c8-458d-9c76-29750aaf828e
  3. download (1)
  4. download (3)
  5. download
  6. download (1)

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー