吉野家「デジタルボトルキープ」を開始!スマホに仮想マイボトル「ちょい飲み」がお得に

吉野家は7月20日、スマートフォンを活用した「デジタルボトルキープ」を全国540店で始めた。ビールや焼酎などの“仮想マイボトル”を購入し、店舗でお得に飲めるという「吉呑み」の新サービスだ。

photo

同日リリースした公式アプリ「吉野家アプリ」かWebサイトから利用できる。ビールは通常3500円分(生ビール10杯分)を3000円で、焼酎は通常3000円分(10杯分)を2500円で購入でき、仮想の“マイボトル”としてキープ。ボトルの容量分を店舗で飲むことができる仕組みだ。

仮想マイボトルは対象店舗では共通して利用可能。残量をスマホ上で随時確認できる。ボトルキープの有効期限は6カ月。

吉野家は、牛丼店で酒類と居酒屋的なメニューを提供する「吉呑み」サービスを拡大しており、お得に飲める新サービスで「ちょい飲み」需要の取り込みを強化したい考えだ。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1607/20/news120.html

吉野家のデジタルボトルキープ、好きだなぁ。店舗ごとのデータも取れればお酒の受発注も徐々に最適化されてくだろうし、販促にもなる。何より先にお金が入るのが素晴らしい。回数券をボトルキープという切り口で見る視点の切り替えもアッパレ。大好き

デジタルボトルキープいい!店舗も在庫スペースの必要性がないので楽では・・・キャバ嬢みたいなリマインドもできそう。「そろそろ飲みに来てよ~」みたいな(笑)

面白いですね☆ せっかくなのでサラダと漬物もキープ出来るようにしたらいいと思う。

アイディアですね。スマホで買うビール券だけど「ボトルキープ」と表現するだけで特別感が生まれる

大手はまだまだこういうちょっとしたアイデア…できるよね(^-^)

デジタルボトルキープ、って文字列だけで勝利してる

がーさすです。囲い込みできるし、キャッシュフロー的にも有利だし。家の近くに吉野家ないのがつらいな。あったら会社帰りちょい飲みしちゃうな。

WBSでもこのニュースを見ました。 全国どこの吉野家でもボトルキープした酒が飲める! 従来のボトルキープよりもお客様満足度 は抜群ですよね。他社も追随する予感。

回数券と言わず、ボトルキープとした発想が素晴らしい。定額制も良いと思うんですけどね。

デジタルボトルキープってよいね。サイゼリヤでワインやって欲しいw

吉野家のデジタルボトルキープ、まぁ回数券みたいなもんなわけだけどネーミングがうまいね。

びびった。居酒屋で働いてたのにこんな発想なかった…… 超悔しい

ちょい飲みにしてもこんな回数券みたいなアプリとか…。ボトル空になったオジさんがスマホぶち投げて暴れそうでイヤだな

面白い発想だ 時代に マッチしている

このサービスは「ちょい飲み」の普及にはいいかもしれない。ただの回数券的な発想だけど、以外と新鮮。

近未来にゅーす管理人

ほかのところもどんどん真似すればいいですね。しかし既存の居酒屋は危機感を持った方がよさそうですね。特に安居酒屋はどんどん「ちょい飲み」にやられそう。

 

関連記事

  1. download (1)
  2. download
  3. images
  4. 9e5ed9de32eb2a0dda554d870068cdfe_400
  5. KxzjWOuSsbOiEhJ_miK2H_74
  6. download

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー