テスラのイーロンマスク氏、EVをトラックやバスを含むすべての車種に拡大、カーシェアリングも構想

http://goo.gl/kSPmDV

[20日 ロイター] – 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日、EVのトラックやバスを開発し、都市交通に参入する事業計画を発表した。

マスクCEOは「マスタープラン・パート2」と題したブログ投稿で、EVをすべての主要車種に拡大する計画を明らかにした。EVのトラックやバスの発表は来年の見通し。また将来的にテスラの車両にすべて自動運転機能が搭載されると指摘した。

マスク氏はテスラ車のシェアリング計画も発表。所有者がスマートフォンのアプリを使って、他の利用者に共有を許可するシステムになるとの構想を示した。

「車を利用したい人がシェアしたいというオーナーを上回る都市で、テスラはサービスを展開する。どの場所にいようとわれわれの車両を利用できる」と説明した。こうしたサービスが実現すれば、テスラは米配車サービスのウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]やリフトと競合することになる。

このほか、太陽エネルギーシステムの開発計画について、住居向けに太陽エネルギーと蓄電システムを備えた屋根の開発を目指すとした。

テスラは太陽光パネルの設置などを手掛けるソーラーシティ(SCTY.O)の買収を目指している。マスク氏は20日のブログ投稿でも、テスラがソーラーシティを買収し、事業統合を進めるべきだとの考えをあらためて示した。同氏はソーラーシティの主要株主で会長を兼任している。

*見出しを修正しました。

名前:

自動運転のバスとか、実用化させてきそうですね。

名前:

まぁそういう展開になりますな。UBERと競合するというより一緒に市場を作っていくって感じでしょうか。

名前:

Uberと競合する!?
スゴイなぁ、これがイノベーション。
想像してなかった所から思わぬ展開。
見えてるビジョンが違う。

名前:

やっぱり来ましたかー!という印象。時間の問題だと思っていた人も多いはず。まだ時間が掛かってしまいそうだけど楽しみ。

名前:

とにかくEVへのシフトが加速していく
そんな未来を感じざるを得ない
分かりやすく言えば10年も経てば今の車はSLマニアが一眼で記念に撮りたくなるレベルの骨董品になる

名前:

ウーパーの人が運転する概念ではなく車自体を貸し出すシェアサービスだと思われるが、自動運転時代になれば運転手は要らなくなり、タクシーはなくなる。
自動運転車が主流になりオペレーター管理社会となるだろう!

名前:

EVの普及で需要が増す電気の調達先が問題だけど、住宅向け太陽エネルギー&蓄電システムを備えた屋根も開発するそう

名前:

テスラは、バスもトラックEV化か。テスラってすごいよね。米やるならトヨタも水素じゃなくてEV化進むかな。どうでもいいけど、イーブイってポケモンいるよね。♯ポケモン脳

名前:

生産やアフターサービス体制の構築といったハードルはまだ残るが、久々となる「フルラインメーカー」が誕生すれば、日本を含む世界の自動車市場に大きな影響を及ぼす可能性がある。

名前:近未来にゅーす管理人

まじで水素社会とか早めに見切りつけたほうがいいんじゃないの?カーシェアリングもテスラの車に乗れるっていうのがインセンティブになって普及しそう。

 

関連記事

  1. 001_588x
  2. GreenBattery-640x358
  3. download (1)
  4. download
  5. images (2)
  6. download

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter でフォロー